--/--/-- --  --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/05/08 Sun  13:30
お久しぶりぶりに

うおぉ!
なんとこちらは2008年が最後の更新になっているっぽい?
ま、まあメインをアメブロに移しちゃったからしかたないか(.;´;_ゝ;`:,)ハハハ
で、こっちはお話置き場にしようと思った矢先に色々ドタバタ不幸が畳み掛けて来たもんで
すっかり書き物をする気力もなくしておりましたが
ようやく帰って参りましたわ~

と、ゆことで
もう自分でも何年振りかわからない新作ちゃん♪
元々書きたかったのだけど題材的にここしばらくは出したら
妙に心配されそうで余計に出せませんでしたが
今日こそ出すよっ!

なので
駄作でもいいから読んでやるべ?ってお方は続きを読むからどうぞ~

ちなみに軽くないよ?重いよ?暗いよ?
スポンサーサイト

2008/12/18 Thu  00:29
この世界が終わる時

愛する人が隣で寝息をたてている時
もっとも愛する人を近くに感じている時
近くに感じるがゆえに感じる漠然とした不安...
そんな不安を感じる時、あなたはどうしますか?
彼女の場合は、そう...


「...ねぇ?昭仁」
「ん?なん?」

愛を交わした後の余韻に浸りながら
葉の髪を撫でていた手を止めて問いかけに応える昭仁

「あの..あのね...
もしもこの世界が終わってしまう事があったら昭仁はその時何をしていたい?」
「へぇっ?!急にどうしたん?」
「うん...なんだか幸せすぎて不安になっちゃって...ごめんね。変な事聞いて」

そう言うと葉は昭仁の体に身をすり寄せて
彼の胸に顔をうずめる

「変な事なんて思っとらんよ~
そうじゃのぅ...『世界が終わる時』のぅ...」

昭仁は少し考え込んでから
葉の体に腕を回して
耳もとに顔を近付けるとそっと囁きかけた



「わしはの... この世界が終わる瞬間も葉とこうして一緒にいたい」




      

まとめプラグインv2

07 | 2017/08 [GO]| 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事一覧 カテゴリ一覧 コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール リンク一覧
[カテゴリ]
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ

全記事(数)表示

全タイトルを表示

FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。